泡を使って行う脱毛の種類とは

泡で脱毛を行うというと、どうしても脱毛クリームを泡立てたようなイメージを抱く人も少なくありません。しかし、家庭用脱毛器で泡を使用して脱毛を行う物が登場しました。それぞれの特徴やなぜ家庭用脱毛器で泡を使用しているのか、肌への影響、実際に利用した人の意見はどうなっているのかなどを確認し、実際に使用する場合の参考にしてください。

脱毛を行うための泡を使ったアイテムの特徴

脱毛を行うために泡を使用するタイプとしては、複数存在します。第一にたんぱく質を溶かす作用があるアルカリ性の泡が出てくるフォームを肌に塗り、除毛を行う物です。除毛を行う時に多少のにおいがすることがデメリットですが、きれいに除毛できるのが特徴といえます。

ただし、毛根までは処理しきれず、定期的に除毛をするためにフォームを使う必要があるため、注意してください。永久的な脱毛は製品性質上不可能ですが、定期的に除毛を痛みを感じずに行えるのがメリットといえるでしょう。

第二に脱毛を促すための石鹸です。石鹸の泡で肌をこすることによって、痛みを感じずに無駄毛の処理が行えるアイテムといえます。メリットとしては普段から体を洗いつつ無駄毛の処理を済ませられることや、痛みを感じずにきれいに除毛できることです。

対してデメリットとしてはすぐに脱毛が完了するわけではないことと、石鹸なのに費用がかさむことでしょう。通常の石鹸よりもはるかに高額となるため、費用を確認して予算の範囲内で続けることが必要です。第三に家電メーカー各社が販売している、泡で脱毛をする機械をさします。

泡を使って脱毛を行うことによって、肌への負担を軽減し、ストレスを感じることなく無駄毛の処理ができるように作られました。通常の脱毛器よりも安全性にこだわり、肌への負担を最大限に減らして脱毛できるといわれています。

実際に試した人の中でも、品質の高さを喜ぶ声が少なくありません。

なぜ家庭用の脱毛器で泡を使っているのか

泡を使っている脱毛器は複数のメーカーから誕生し、使用するユーザーも少なくありません。なぜ家庭用の脱毛器で泡を使って脱毛をするのか、その理由は複数存在しています。第一に他の家庭用脱毛器よりもはるかに痛みが少ないことです。

これまで機械に毛を絡めて引き抜いていたタイプの脱毛器よりも、泡がプラスされることによって皮膚への負担を大きく低減できます。機械で無駄毛に泡をつけ、肌との摩擦や引き抜く時の痛みを軽減でき、スムーズに無駄下の処理ができるところが特徴です。

防水が標準装備されているため、入浴中に無駄毛の処理ができるのもポイントの一つといえるでしょう。入浴中に毛穴が広がり、脱毛しやすくなることはよく知られています。そのため、入浴中に機械を使って脱毛を行うことによって、少ない痛みで効果的な処理が可能となるでしょう。

伝道なのでスピーディーに処理できることや、短い毛でも丁寧に処理できることから高い人気を誇っています。毛が伸びるまで待つ必要がないため、スピーディーな処理を希望している人にとって利便性が高い脱毛器といえるでしょう。

脇の下よりも腕や足といった部分への効果は高く、毛抜きで処理をしていた人をはじめとした自己処理派の人も、使用することが増えているといいます。

泡脱毛器で除毛をした後の肌の影響

泡脱毛器で除毛をした後、肌に負担がかかるのではないかと考える人は少なくありません。しかし、やり方を適切に行うことで、単なる自己処理や、泡フォームなどの脱毛よりもはるかにきれいな肌に近づけるでしょう。泡脱毛器で入浴中に脱毛を行うことで、毛が抜きやすく、肌への負担が軽減しています。

また、泡で負担をかけないように利用でき、入浴後にボディのケアを適切に行うことで、肌ダメージを低減できるでしょう。ボディのケアとは入浴後、ボディミルクやローションをつけて肌をやさしくいたわることで、脱毛による肌ダメージを低減して肌の潤いを守ることができます。

ただし、つける場所によってはデリケートな肌質の場合、かぶれるリスクも少なくありません。まえもって無駄毛の処理を行った後の肌に負担がかからないかどうか、パッチテストを行って肌の様子を見ましょう。腕や足の場合にはボディミルクやローション、オイルなどを使ってもかぶれる心配は少ないといわれています。

泡脱毛器を使うことによる具体的なメリット・デメリット

メリットとして挙げられているのは、無駄毛の1回の処理する間隔をあけられるようになることです。短い毛でも肌への負担が少なく処理できるため、大変重宝なアイテムといえます。また、処理を行う時には広範囲を短時間にわたって処理できることで、脱毛をする時間を短くできるのが特徴といえるでしょう。

無駄毛の処理をする間隔があくことによって時間に余裕ができ、他にやりたいことのために時間を使えるようになります。サロンなどをはじめとした脱毛よりもはるかに安い価格で、広範囲にわたる除毛ができるようになるでしょう。

デメリットとして挙げられているのは、1つのヘッドでは全ての無駄毛を処理できないことです。ヘッドを付け替えることによって、脇の下をはじめとしたデリケートな部分への処理が可能となります。いちいち入浴中に取り替えることが面倒だと感じる人にとっては、大きなデメリットでしょう。

ただし、アタッチメントを変えることによって、今までよりもはるかに質の高い脱毛ができるようになり、毛抜きで処理をしなくてもすむといいます。

脱毛グッズをゲット!アマゾンでは何が買える?

クチコミでの評価は高いのか、低いのか

実際に泡脱毛器で脱毛をするときに使っている人の意見を参考にすることは、買う時には重要です。自分の肌質に合うかだけではなく、使い方や使用しているときに負担がどのようにかかるのかが明確となるでしょう。

毛抜きに慣れていない人の中には、使用時に無駄毛を抜いた痛みを感じるといいます。また、アタッチメントを変えられない機種の場合には抜き残しが出てくるため、注意してください。アタッチメントを変えられる機種の場合には抜き残しもなく、きれいに仕上がることが多いです。

VIOのようなデリケートゾーンの場合には、とくに抜き残しが少なくないといわれています。デリケートな部位をきれいにするためには、処理を行う時に、デリケートゾーン用のアタッチメントのある機種を選びましょう。

それ以外の機種の場合には処理を行う時に負担になる可能性が少なくありません。実際に利用した人のなかには、使い続けているとアタッチメントが故障してしまう場合もあるため、事前に確認してください。