あざがある場所も脱毛することは可能?

無駄毛はカミソリや毛抜きで自己処理するのではなく、プロの手によって脱毛をして処理するのが当たり前の時代となりました。ただ、施術を受けたい部位にあざがあり、そのあざが原因で「脱毛を受けられないのでは」・・と、不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

あざがあると脱毛がNGとなってしまうのか調べてみました。

まずは脱毛法の種類をチェック

あざがある部分も脱毛を受けられるのか知る前に、まずはどのような脱毛法が受けられるのかをチェックしておきましょう。今現在、脱毛の主流となっているのは、光脱毛とレーザー脱毛の2種類です。光脱毛はエステサロンやエステサロンで受けられる脱毛法で、光を肌に照射して無駄毛を処理します。

レーザー脱毛は医療機関でしか受けられない脱毛法で、半永久的に無駄毛が生えなくなる永久脱毛です。どちらの脱毛法も毛根に熱を与えて無駄毛を処理します。毛根部分にはメラニン色素という黒い色素が含まれており、この色素に光やレーザーのエネルギーが集中して高温によるダメージを与えるのです。

光脱毛とレーザー脱毛はメラニン色素に反応し、熱で無駄毛を処理する脱毛法という点は覚えておきたいポイントです。

あざがあると施術を受けられない場合も

脱毛法の中でもメジャーな光脱毛とレーザー脱毛、あざの種類によっては施術を受けられないケースがあるようです。あざの中でも黒や茶色の色素を多く含むタイプは、施術がNGとなってしまいます。なぜ、このようなタイプのあざがあると脱毛が受けられないのでしょうか。

光脱毛・レーザー脱毛は、メラニン色素に反応し熱によるエネルギーを与えることで無駄毛を脱毛します。黒や茶色のあざ部分にはメラニン色素を含んでいることが多く、その部位に光やレーザーを照射してしまうと、毛根部分ではなく肌に熱エネルギーが吸収されてしまいます。

すると、肌が熱によるダメージを受けることになり、火傷するリスクがあるため施術は受けられません。もし、あざがある周辺の脱毛を受ける場合、あざがある部位を避けて施術を行ったり、白い保護テープを貼って光やレーザーを照射するケースもあるようです。

完全にツルツルになるまで脱毛しなくても良いという場合、あざ部分を避けて施術を受けるのも良いかもしれません。

施術可能なあざとは

黒や茶色の色素を含んだあざの場合、光脱毛やレーザー脱毛は施術を受けられない可能性が高いです。しかし、あざの種類によっては施術を受けられるかもしれません。

例えば、物にぶつけてできた青あざで症状が軽度であれば、施術を行う所も少なくありません。このようなタイプのあざは色素沈着してできているのではなく、内出血によってできたものです。色素が肌細胞に含まれていないため、光やレーザーを照射したとしても火傷の心配がありません。

青あざの場合は光やレーザーの出力を下げて、施術を行うのが一般的です。ただ、内出血の範囲が大きかったり濃すぎると、施術を受けられないケースもあります。

治療を受けてから脱毛することも可能

腕や足など人目につきやすい部分にあざがあり、その部分をどうしても脱毛したいという場合は、レーザー脱毛を行っているクリニックに相談してみましょう。レーザー脱毛を行っているクリニックの中には、あざを消す治療を行っている所も少なくありません。

治療を受けることであざが薄くなり、その部分にもレーザーを照射することが可能です。治療はあざの種類によって健康保険が適用されます。無駄毛のコンプレックスだけでなく、あざのコンプレックスも解消できるので治療を検討してみるのもおすすめです。

あざの治療は脱毛同様、レーザーで行うのが主流となっています。脱毛で使うレーザーとは違う、レーザーを用いて治療を行います。レーザーの種類によってあざの色素を薄くしたり、あざ部分を蒸散させて消すなど効果は様々です。

治療に用いられるレーザーはクリニックや、あざの種類によって異なります。生まれつきのあざはもちろん、外傷性のあざも治療で薄くすることが可能です。

脱毛とその痛い度合い

医療針脱毛であれば施術を受けられる可能性が高い

今、主流の光脱毛やレーザー脱毛の場合、あざの種類によっては施術を受けることはできません。しかし、あざがあっても問題なく施術を受けられる脱毛法もあります。その脱毛法とは「医療針脱毛」です。ニードル脱毛とも言われる脱毛法で、針を使って無駄毛を脱毛するのが特徴です。

特殊な加工を施し肌にはダメージを与えることは無い針を、毛穴1つ1つに刺し込み、さらに電流を流すという施術を行います。流した電流の熱によって、毛根組織を破壊し無駄毛を処理するという脱毛法です。毛穴の数だけ針を刺し込まなければならい脱毛法なので、施術にかかる時間が長い・針を刺し込み電流を流す時に痛みを感じるなどの理由で、現在では施術を受けられるクリニックは少なくなっています。

なぜ医療針脱毛であれば、あざがある部位でも施術を受けられるのかというと、光脱毛やレーザー脱毛のように、メラニン色素に反応して無駄毛を処理する脱毛法では無いためです。

あざ部分に含まれるメラニン色素に光やレーザーが反応し、火傷を引き起こしてしまうため施術はNGとなってしまいます。一方、医療針脱毛はというと、メラニン色素に反応させて無駄毛を脱毛するのではなく、電気を直接毛根部分に流して、その熱で脱毛をするという違いがあります。

医療針脱毛はメラニン色素には一切反応しないため、あざがある部分でも施術を行うことができるのです。濃いあざや大きいあざがあっても、医療針脱毛であれば、しっかり脱毛することが可能です。

今現在は施術を行うクリニックは少なくなっていますが、あざ部分の無駄毛も脱毛したいなら医療針脱毛を行っているクリニックに相談してみましょう。

まずはカウンセリングを受けてみよう

このように、あざがあると施術を受けられないケースや、脱毛法によっては受けられるケースもあります。また、あざの濃さなどによってはレーザーで脱毛できることもあるようです。まずは施術を受けられるかどうかを確認するためにも、カウンセリングを受けてみましょう。

脱毛サロンだけでなく、レーザー脱毛を行っている医療機関も脱毛前には必ずと言って良いほどカウンセリングを行っています。カウンセリングであざの状態をチェックし、施術可能かどうかを判断します。カウンセリングは脱毛サロン・医療機関共に無料という所が多いようです。